犬とカヌー「流れ・ヒラタクワガタ・川遊びのバランス良し!」富士川(山梨県)

目標はヒラタクワガタとゲンジボタル!
水位:清水端―1.08m

6月15日早朝、山梨県の富士川へ向かった。
家族の目的はダウンリバーだが、個人的にはヒラタクワガタゲンジボタルだ。
昨年のイメージがあまりにもいい!↓
https://large-dog.iehikaku.com/archives/4778

7時36分、ゴール地点の富士川橋に到着。
クルマ回収用のチャリをデポしてスタート地点の鹿島橋へ向かう。


8時36分、ダウンリバー開始!
今回のコースは、1級強の瀬が2~3か所あるものの、すべて直線的で危険度は低い。
なのではじめて嫁さんが最初から最後まで船長(後席)に挑戦することになった。
はたして漕ぎ切れるかな

気温23℃。この日の最高気温は29℃の予報だから、まだぜんぜん爽やか。
風速はすでに4~5mの向かい風。
それでもここはいつも流れが早いので快調に進む。


水の透明度は1m強――。
長瀞と同等。
男鹿川(栃木県)や仁淀川(高知県)を知っている身としては、結構、沈したくないクラス
でも長瀞のような臭いは無し。


スタート早々100m、鹿島橋下の瀬が見えてきた。
記憶では1級くらいのはず。
余裕でしょ!


ところがどっこい!
1.5級クラスの龍の背のような三角波が50m以上続いた。
嫁さん、鬼の形相で漕ぎまくる!
私はそれをビデオ撮影!

想定外の大きな瀬だったが、直線的なので難なくクリア。
嫁さんの鼻がくくくんっ!と高くなった


その300m先にも瀬が出現。
泰楽隊長が仁王立ちでガン見。
振り向いて嫁さんに「行って良し!」

波の高さは1級程度だが、直角カーブの手前にあって突き当たりが岩壁。
腕力修行中の嫁さんには荷が重いかもしれない。
なのでインコースの浅瀬を提案。

結果は座礁
2m歩く。


その後は、しばらくのんびりモード。
向かい風なのに鏡のような川面を、ほとんど漕がずにす―――っと進む。
河岸に大きな岩壁も出てきて、ちょっぴり秘境感。
いい感じ。

ぼ~っとビールを飲んでいると、突然ハッとした。


前回は見えなかった富士山が、どんっ!と登場したのだ!
家族全員テンションア――ップ!。
富士山は頭だけを「ちょっとだけよ~」と出しているだけだったが、しばらくついて来てくれた。
ありがたい。ありがたい。


富士山とさよならした後も、周辺の山々に霞がかかってグラデーションが美しい。
写真奥の山は標高数百mクラスだが、霞でぼやけて2000mクラス見える。
得した気分。

その後も1.5級の瀬が1ヶ所あり。
1時間23分・7.3㎞でゴール!
嫁さんは初のオール船長達成!
充実感を噛みしめ「富士川大好き!」と絶叫。
次回は、より難易度の高い稲子コースに挑戦したいと抱負を語っていた。
がんばれ!

その後は昨年私が喜びの雄叫びを上げたヒラタクワガタのポイントへ。


大至急、全身に虫除けを浴び、泰楽と藪に突入!


早速、ヒラタクワガタのカップルを発見
そこそこ大物に見えるぞ!

かき出すと目標60mmに対して47mmだった――。
あるあるの「穴の中のクワガタは大きく見える」


オマケに測定中にがっつり挟まれて5分間七転八倒。
ヒラタはチビでもマッチョ。
脳天にずーんと突き抜ける痛さ。
5日経った今でも人差し指に穴が開いている――。


痛みに耐えつつ、ヒラタ探し続行。
結局、その47mm1匹とメス2匹だけだった。
すべてリリース――。

諸々の事情で昨年のキャンプ地は不可となっていた。
(有料キャンプ場以外の野営は難しいのです)
なのでそのままヒラタポイントで野営することにした。

昨年があまりにも楽しかったので残念な気持ちだったが、新規開拓もいいものだ。


ここにも透明度5m程度の川が流れており、しかも飛び込み可能な淵があった!
また、前回よりも標高が低い(約200m)のでゲンジボタルもより期待できる。
意外に楽しい場所かもしれないぞ。


嫁さんも泰楽も大はしゃぎ!

川遊びでほどよく疲れたら、まき拾い開始。


このとき泰楽は、いつもお手伝いに燃える。
先代犬のバーニーズマウンテンドッグは燃えなかったので、レトリバーの血かもしれない。
でも役に立ってる?

気づくと西の空が鮮やかに染まっていた。

これ本当に編集無しの生の色。
視界いっぱい目に突き刺さるような燃えるオレンジ色だった。

暗くなるころに着火式。


肉の次は今年初のトウモロコシ。
皮をむかずに焼くと、より甘くてジューシーになる。
かぶりついた瞬間に口の中でぶわっと飛び散る汁がたまらない。

全員でビールを一気飲みした後は赤ワイン。
ぼぉ~っと川面を眺めるが、期待のゲンジボタルはゼロ。
周囲の芦が90度に曲がってぶるんぶるん頭を振っている。
風が強い日は出て来ないのか。

やがて嫁さんと泰楽は寝落ち。

ひとりでじっと焚き火を見つめる。
いい一日でした。

コメント

  1. ちょも より:

    楽しそうですね。

タイトルとURLをコピーしました