大型犬とカヌー「バツグンの透明度と大迫力の双子の滝に大満足!」富士川(山梨県)

本流はいつも濁っているが支流は最高のシチュエーション!
水位:北松野-5.33m

7月最後の週末は富士川を下った。
ゴールの稲子川合流の河原は崩壊中。
クルマをバックで入れる。

スタート地点のダム前もやはりバックで入れる。
イノシシの罠あり。
強烈な生臭さが鼻の奥に突き刺さる。
せっかく仕留めた獲物を放置している?

この時点で防水カメラを忘れたことに気づく。
10年に1度の大迂闊……
(以下の画像はすべてiphone12mini)

8時57分出発。
気温は30℃近い。
透明度50㎝。
水がやや青臭い。

橋手前の瀬は2級。
今コースで最難関。
右カーブの突き当りにテトラあるが、川幅が広いので避けられた。
橋先の右側の瀬は崩壊。
浅く岩だらけで結構歩いた。
嫁が不機嫌に。

その先はのんびりタイム。
1.jpg

嫁は暑さに耐えきれず泳ぐ。
2.jpg

私は水が汚いので嫌だったが、やはり暑さに負けて泳ぐ。
気持ちいいぃ~。


最後の瀬は1.5級。

 

まっすぐなので余裕。
1時間40分・5.9㎞。チャリ5.36㎞・17分。

キャンプのために支流へ移動。
近くにクヌギ林を発見(標高370m)。
20本ぐらい蹴ってカブトムシ2匹&ミヤマクワガタ(64mm)ゲット!

5.jpg


上流に透明度バツグンの支流も発見。
シャワークライミング開始。

8.jpg

7.jpg

6.jpg

潜ると10m以上スコーンっと視界が突き抜けている。
水温はタッパ(ウェットスーツ)でちょうど。
関東の川より5℃くらい高い。
しかも20㎝前後のアマゴが泳いでいた。

でも、100mくらい進んだところで高さ約3mの滝があり、その先には進めず。
途中にプール2か所。
そのうち突き当りの滝壺は思い切り飛び込めた。

9.jpg

キャンプ地への砂利道は若干崩壊気味。
クロカンタイプ(デリカ含む)じゃないと下りられない。
ゆえに真夏なのに貸し切り。
ここはいつも星がきれい。


照明(ブラックライト)仕掛けにはミヤマクワガタのメスのみ。
11時就寝。5時40分起床。
クヌギ林へ行くがカブトムシのメスのみ。

カップラーメン食べてから対岸の支流でシャワークライミング。
8時スタート。

10.jpg

水量は前回よりも明らかに少ない。
泰楽(ゴールデンドゥードル)は前回、最難関の滝を抱えられて越えた。

前回の画像↓
5.jpg

今回は直接登れた。

11.jpg

ゴールの双子の滝は、相変わらずの大迫力。

12.jpg

滝壺は水圧で暴風。
5m手前に近づくと頬が勝手にブルブル揺れ、
目を開けるのもやっと。

嫁は狂喜乱舞。

帰りは行きに通ったヒルポイント(針葉樹林)を避けて直接川の中を下りた。
2か所2mクラスの滝あり。
嫁と泰楽(ゴールデンドゥードル)はビビる。

13.jpg

14ぼかし.jpeg

15ぼかし.jpg

往復2時間。
家族全員大満足。
富士川カヌー&キャンプは本流の水が汚い以外は最高!

16.jpg

タイトルとURLをコピーしました