大型犬と雪山登山「紺碧の大空と夕日に輝く生まれたての雲海」四阿山2,354m(長野県・群馬県)

極上の北アルプス観覧コース
2022年1月22日 ヤマテン晴‐5℃風速4m てんくらA晴‐11℃風速9m 登山天気晴‐10℃風速10m 実際‐11℃8m

この日は百名山の四阿山へ。
高山病予防のため車中でスポーツドリンク500ml飲む。
(登山時も600ml持参)

関越道は渋滞なし。
8時30分着。
(道迷いしたので本当は10分早く着いたはず……)

駐車場満車。
路肩にぎりぎり停める。

9時スタート。
積雪30㎝。
最初からスノーシューを履く。

泰楽(ゴールデンドゥードル)が
「ゴーグルすると目が見えにくいから外してぇ~」
と嫁に顔面を「すりすり」してくる。

1.jpg

25分・1㎞は森の中の別荘地。
しかし、これを抜けると一気に雰囲気が変化する。
視界一杯いっぱいに広がる大雪原(牧場)がお出迎え。

2.jpg

ここまで広大な「純白」は見たことがない。
しかも左手には北アルプスのウルトラ巨大屏風が

「ズドドドドどーんっ!」

と立ちはだかっている

3.jpg

振り返ると御嶽山や八ヶ岳、
そして右手には

「どでんっ!」

とした浅間山も見渡せた。

この絶景に加えて紺碧の大空&ほぼ無風&足元ふわふわぁーー
前回の天狗岳に引き続きこの上ないコンディション。
夢のような空間の中で自由気ままにトレースをつけていく。

 

 


大雪原の突き当りはダケカンバの森。
若干傾斜と積雪が増す。
今年は雪が多いようで膝上まであるトレースをたどっていく。

さらに傾斜が増してきたと思ったら、
森の木々はシラビソに変わっていた。
浅間山が近づきより迫力を増す。

7.jpg

6.jpg

この辺りから富士山も顔を出す。

8.jpg

振り返ると相変わらず北アルプスの長い長い壁。

5.jpg

後で調べたら105㎞もあるらしい。
その端から端までこのコースは常に眺めることができる。
極上の北アルプス観覧コースだ。

登れば登るほど積雪も上がっていき、
この時点でトレースの壁は腰くらいに。
木々はモンスターに変貌していく。

9.jpg

そして一息ついたところが四阿山の隣にある根子岳への分岐点。
目を凝らすと四阿山の頂も見える。

登頂するには手前でいったん下る。
登り返しは心身ともに辛いもの。
ところがここではまったく気にならない。
下り道が雅な日本庭園のように美しいからだ。
ちょうどここだけ尾根道になっており、
両側の樹木が低めなので左右両方ともよく見渡せる。

10.jpg

11.jpg

「きれいだなぁ」ときょろきょろしているといつの間にか下り終え、
見上げるともうゴールは目と鼻の先。
なので「よっしゃぁ~!」と頑張れる。
登り切ると360度の大展望。

12.jpg

13.jpg

今まで山頂に遮られていた日光方面にも視界が抜ける。


14.jpg

そこから反時計回りに
男体山、日光白根山、横手山、斑尾山、妙高山、高妻山、戸隠山、白馬岳、鹿島槍ヶ岳、立山、槍ヶ岳、奥穂高岳、乗鞍岳、御嶽山、木曽駒ケ岳、仙丈ケ岳、蓼科山、赤岳、富士山、浅間山、赤城山ー-。

関東甲信越にある名山は全部、ほんとうにすべて見渡せる。
こんな山はなかなかない。

 

 

絶景百名山(BSフジ)のスタッフがドローン撮影をしていた。
放映予定日は2022年2月7日だそうです。

山の同定にてこずってしまった。
14時7分下山開始。

日本庭園を過ぎた辺りでランチ。
先に来た人が踏み固めた場所を再利用させていただく。
視線の先は八ヶ岳&富士山の大展望。
無風・快晴。
これまた贅沢な食堂。

15.jpg

メニューはおでん&うどん。
バーナーの火が途中で消えたので生ぬるい状態で食べる。
気温5度を下回ると着火できない&途中で消えるST-330(SOTO)はもう使わない。

ランチ後の下りはお待ちかねのヒップソリ。
合計で中コースが3つほどあった。
緩斜面ばかりだが、さらさらのパウダースノーなので意外にスピードが出る。

16.jpg


爽快に滑る視線の先には北アルプスの特大パノラマが広がっていた。

17.jpg

気持ちいいぃ~~~
こんなコースもなかなかない。

牧場に出た時点で夕暮れ。
「あちゃ~、また遅くなっちった
と気分が落ち込み始める。

が、しかし!
気分同様に落とし気味だった視線を前に向けると、
突如大雪原の先に雲海が生まれ始めた。

18.jpg

みるみるうちにモクモクと増殖。
そこに夕日が当たって芸術的な美しさを晒していた。

19.jpg

20.jpg

「きょうは歩くのが遅くて良かった!」

この作品を作ってくれた八百万神に感謝。

 

 

ゴールしたは16時57分。
10.7㎞・7時間57分。
平均よりも2時間遅い……。
今回は高山病にはなっていなかったと思う。
なのになぜ?

嫁は
「あんたは写真撮りすぎ。山の同定しすぎ」
と太鼓判を押すが自覚がない。
そんなもん?
とにかく遅いので温泉は諦めた。
高速を飛ばして21時に帰宅。

タイトルとURLをコピーしました